www.mocactia.com

一般的に、カードの上限がユーザーが日々決済する以上より高く設定されていると人は余裕だと勘違いして、考えることなくカードで支払ったりするものです。そういったクレカでの買い物のしすぎを軽減するようにするためカードの上限をあらかじめ少なくしておこうというお勧めが、これから提案する文章の主旨です。月の限度額を引き下げる方法◆上限額をコントロールすることは限度額を多めに設定する手順といっしょで、非常にシンプルです。カードのバックに載っているサポート番号にダイヤルして「月の利用限度額の引き下げをしてもらいたいです」等とオペレーターにはお願いするだけです。一般的には今の月の利用限度額と比較して低い金額であれば、面倒な査定なしですぐに変更ができてしまいます。カードの限度額をセーブしておくのは防犯とも結びつく◎クレジットカードの限度額を引き下げておくことは、自分をセーブできるという益だけでなく防犯対策にも関係してきます。もしも、手元のカードが盗られて勝手に使用されてしまったとしても、あらかじめカードの月の利用限度額を少なめに設定しているなら害を最小限にするようにできるからなのです。強調しておきたいのは、たとえ悪用されることになったような状況でも使用者に重大な違反と思えるものがなければ、盗難保険として知られている保険がユーザーを支えてくれることになるから余計な心配は必要ないけれど、もし被害に遭った時のために、必要のない上限は下げるようにしておくと効果があるでしょう。使うことのない上限設定は百害あって一利なし・・・なんです。
Copyright © 1999 www.mocactia.com All Rights Reserved.